同じ左指で、音程を変えなければいけない時に、第一関節を使うと、良い補助になります!

低い音程をとる場合、指の第一関節を、曲げて弦に当てる。反対に、高い音程をとる場合は、少し第一関節を伸ばして、弦に当ててあげると、楽に正しい音程になります。

例えば、A線の第一ポジションで、2の指=中指の、C=ド、をとる時には、2の指の第一関節を、少し曲げて弦に当てます。  反対に、#C=ドのシャープの音程をつくる場合、同じ2の指でも、第一関節を少し伸ばして使ってあげると楽にとれます。

あくまで、楽に音程を正しくするためなので、やり易い程度で(^^)/