暑い夏の楽器の管理

猛暑がやってまいりました。熱中症に気を付けましょう。

そして楽器も気温差に注意してあげてくださいね。

以前、真夏にキンキンにクーラーをつけた車で移動し、会場もクーラーが効いていたのですが、

ケースから出して、ほんの少し会場へ繋がる渡り通路で、外気に当ててしまい、ほんの少しの間、直射日光に当たってしまっただけで、

帰ってきて、楽器ケースを開けたら、テールピース(楽器本体ではありませんが、弦の留めておくところで、これが割れてしまっていると、バイオリンは演奏不可能です。)が、バリンと真っ二つに割れていてとてもビックリしたことがあります。

テールピース

寒すぎるのも暑すぎるのも、良くはないのですが、1番危険なのは、温度や湿度の急激な変化ですので、注意してあげましょう。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

真夏の夢コンサート

次の記事

Prismサマーコンサート