バイオリンを弾くときに、親指の力を出来る限り抜いておくことは、大変重要です。

弓を持つ右手も、楽器を持って音程を取る左手も、両手の親指が、力んでしまうことが、演奏の邪魔をしてしまう大きな原因に繋がります。

親指の力を極力抜き柔らかく使いましょう。左手の場合は、移弦やポジション移動、全て音程を取る4本の指が主体で、親指は、その動きの邪魔にならないように常に、目に見えない動きを含めて、動いています。

弾きながら自分の親指は見えないので、意識するしかないのですが、左手は、親指を少しネックから離して練習してみると、効果的です♪

親指模型